平成29年度 川嶌整形外科病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 27 121 40 51 91 151 295 316 467 161
川嶌整形外科病院を退院した患者の年齢を10歳刻みで集計したものです。
当院は急性期の病院として幅広い年齢層の患者を診療しています。70歳以上が944名で全体の約55%を占めており、高齢者の患者割合が多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 <手術あり> 192 24.60 27.09 47.40 83.43
160690xx99xx0x 胸椎圧迫骨折、腰椎圧迫骨折 <手術なし> 147 20.33 19.94 21.77 82.37
160620xx01xxxx 膝の外傷(膝半月板損傷等、スポーツ障害等を含む。)) <手術あり> 120 10.90 11.41 0 56.23
070350xx99xxxx 頚部椎間板障害、腰部椎間板障害 <手術なし> 64 16.97 8.83 7.81 57.77
160760xx97xx0x 前腕の骨折 <手術あり> 63 12.33 5.21 0 60.78
診断群分類とは、「最も医療資源を投入した傷病名」、「手術や処置の有無」などによって14ケタのDPCコードに分類したものです。

「股関節大腿近位骨折」の転院率が47.40%と高い傾向を示しているのは、在宅復帰を目指すために回復期リハ病棟を有する病院や他の医療機関へ転院している割合が多いためです。また、「股関節大腿近位骨折」は全身の状態にも大きな変調を来たし、合併症併発により転院する場合もあります。

「胸椎、腰椎圧迫骨折」についてはMRI検査(磁気共鳴画像診断)で早期診断を行い、骨粗鬆症治療に併せ早期リハビリテーションを開始しています。
「股関節大腿骨近位骨折」・「胸椎、腰椎圧迫骨折」は平均年齢が80歳以上となっています。1人暮らしの高齢者の患者が多く、入院早期から在宅に復帰できるように支援を行っています。

「膝半月板損傷等」 外傷や加齢による変形に伴う損傷が主な原因となっています。

「頚部椎間板障害、腰部椎間板障害」 痛みを抑えるため、主に神経ブロックを行い、リハビリ等の保存的治療を行っています。

「前腕の骨折」 全国の平均在位日数と比較すると、当院は長めの傾向となっています。前腕の骨折は高齢者にも多いため、退院後の生活状態を考慮して十分なリハビリを行い、在宅復帰できるように支援を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1
大腸癌 2
乳癌 1
肺癌 1
肝癌 2
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
現在、日本で最も罹患率の高い5つのがん(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)の病期(Stage)ごとの症例数を集計したものです。

整形外科のため、上記のがん治療を目的として入院することはなく、平成29年度は該当者はいませんでした。

整形外科疾患で入院した場合でも、稀にがんの発見につながることがあります。
入院前のMRI(磁気共鳴画像診断)や採血検査等によりがんが疑われる場合は、専門医へ紹介させていただき早期治療開始につながっています。

患者数が10未満の場合は個人情報の特定が懸念されるため、-(ハイフン)で表示されます。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症
重症
超重症
不明
成人(15歳以上)の肺炎患者についての重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。(市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎を言います。)

平成29年度は該当者はいませんでした。
入院後、肺炎治療が必要な場合は、早期に専門医へ転院し治療を行っています。

患者数が10未満の場合は個人情報の特定が懸念されるため、-(ハイフン)で表示されます。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内
その他
脳梗塞の患者について、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計したものです。

平成29年度は該当者はいませんでした。
入院後、脳疾患を疑われる場合は早期に頭部CT(コンピューター断層撮影)やMRI(磁気共鳴画像診断)を行い、専門医へ紹介させていただき早期治療開始につながっています。

患者数が10未満の場合は個人情報の特定が懸念されるため、-(ハイフン)で表示されます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿)(上腕) 177 2.10 20.96 37.85 79.33
K068-2 関節鏡下半月板切除術 109 1.11 8.69 0 58.65
K0462 骨折観血的手術(前腕)(下腿)(手舟状骨) 108 2.00 17.86 8.33 65.11
K0463 骨折観血的手術(手(舟状骨を除く))(足)(指) 69 2.23 15.36 2.90 50.48
K093-2 関節鏡下手根管開放手術 67 1.06 6.16 0 65.90
手術件数の多い順に、術式を分類するKコードで分類しています。
複数の手術手技を行っている場合、主要手術でカウントしています。

最も多いのは、「骨折観血的手術(大腿)(上腕)」です。
<詳細な内訳>   「大腿」 患者数 142、平均術前日数 1.95、平均術後日数 21.67、平均年齢 83.45
              「上腕」 患者数  35、平均術前日数 2.68、平均術後日数 18.08、平均年齢 62.6  

「大腿」は高齢者の患者様の割合が多くなっています。高齢者の転倒や転落で骨折を起こします。また、骨粗鬆症がある場合、ちょっと足を捻ったぐらいでも発生します。当院では骨折の治療とともに、骨粗鬆症治療も行っています。
在宅復帰を目指すために回復期リハ病棟を有する病院や他の医療機関へ転院している割合が多いため、転院率が高くなっています。また、「股関節大腿近位骨折」は全身の状態にも大きな変調を来たし、合併症併発により転院する場合もあります。

2番目に多いのは、「関節鏡下半月板切除術」です。
半月板とは膝関節にあり、C型をした軟骨用の板で内側・外側にそれぞれあります。クッションの役割をしているため、損傷すると膝の曲げ伸ばしの際に痛みやひっかかりを感じたりします。半月板は加齢に伴い変性するので、40歳以上ではちょっとした外傷でも半月板損傷が起こりやすくなります。関節鏡下で手術を行うので、小さな傷で手術を行うことができます。

3番目に多いのは、「骨折観血的手術(前腕)(下腿)(手舟状骨)」です。
<詳細な内訳>    「前腕」 患者数 61、平均術前日数 1.54、平均術後日数 14.19、平均年齢 71.68
             「下腿」 患者数 43、平均術前日数 2.65、平均術後日数 23.41、平均年齢 59.46  
※ 「手舟状骨」は4名のため個人情報の特定が懸念されるため、詳細は省略させていただきます。

「前腕」、「下腿」ともに10代~80代までの幅広い年齢層で発生する骨折です。
「前腕」は手のひらをついて転んだり、自転車やバイクに乗っていて転んだりなど、強い外力が加わると発生します。また、骨粗鬆症で骨がもろくなっていると骨折しやすくなります。
「下腿」は高所からの転落や、転倒などにより、強い外力が加わると発生します。足関節の骨折も脛骨、腓骨の骨折となるためこの術式に含まれます。

手術の全身管理には常勤の麻酔科医と連携を取り、安全な医療体制の強化に取り組んでいます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 13 0.77
異なる
当院は骨・関節感染症患者の治療を積極的に行い、高気圧酸素治療や川嶌式局所洗浄療法による治療を特徴としています。当院で手術を行った症例以外に、他の医療機関から紹介される件数も含まれています。

患者数が10未満の場合は個人情報の特定が懸念されるため、-(ハイフン)で表示されます。
更新履歴
2018/9/25
平成29年度データ公開
2017/9/26
平成28年度データ公開
2016/9/30
当ページ作成・公開