玄真堂のご紹介

HOME > 病院紹介・お知らせ > 玄真堂のご紹介 > 理事長のご挨拶

理事長のご挨拶

社会医療法人玄真堂 川嶌整形外科病院 理事長 川嶌 眞人昭和56年(1981)3月5日、くしくも1771年、中津藩藩医前野良沢が江戸築地の中津藩中屋敷で「ターヘル・アナトミア」の翻訳を開始した日に、わずか15名のスタッフとともに川嶌丸は船出いたしました。まさに杉田玄白が「蘭学事始」の中で述べたように「艪舵無き船が大海に出でし」状態でありました。まず目標は「世界水準の医療を地域医療へ」と定めたものの、今まで経験したことのない、病院経営という壁にぶつかってしまいました。

迷いの中で私を支えて下さったのは、9年間勤務していた九州労災病院院長天児民和先生(国際整形災害医学会会長、九州大学名誉教授)でありました。「君を大学に推薦しようと思っていたが開業するならば今まで研究していたことが活かされるようにやってみたらどうか」とたびたびお手紙を下さったり、当院が行事をやるたびに訪問して下さいました。天児先生は兼好法師の「徒然草」の中から「無常迅速」という言葉をとりあげ、「幸福も不幸も長続きはしない。人生は有意変転なのだ。幸福だからと甘えてはいけない。不幸だからと嘆き悲しんでもいけない。不幸は去り、きっと幸福が訪れる。」と自らの人生を顧みていつも思うと述べられました。更に先生は「勉強することは苦しくてつらいこともあるが続けていれば必ず楽しくなる。」という「自強不息」の精神を大事にしなさいと指導して下さいました。

この精神は、102歳で死去したわが母ミツヱが学んだ日本で最初の官許を得た女性歯科医のための東洋女子歯科医学専門学校の創立者、宇田川尚が学校創立の時に掲げた精神でもあり、ミツヱも80歳まで開業し、勉強会に出席していたことに通じるものでありました。

開院以来、当院の運営理念は次のようなものであります。

  • 安心・安全・やすらぎ・心のこもったサービスを提供します
  • 地域・住民・患者から評価・信頼される医療を提供します
  • 絶えざる改善と生涯教育を継続し、職員個々の能力を向上します

以上の理念をモットーに職員一同、心をひとつにして頑張ってきました。
幸い志を同じくする田村裕昭院長をはじめ、優秀な医師たち、職員が集まり、「水滴は岩をも穿つ」努力を継続し、日々の診療のみならず、活力ある人材育成、研修活動、学会活動、執筆活動に取り組んでいただき、多くの論文や著作となって結晶化しております。日本骨・関節感染症学会、日本高気圧環境・潜水医学会、日本医史学会、日米宇宙・潜水・高気圧環境医学合同学会の主催をはじめ、数々の国際セミナーや地方会も毎年のように主催してきました。技術的にも学術的にも世界水準の医療を維持するために、私を含めて多くの職員が内外の学会で発表し、研修を行ってきた成果は徐々に地域においても、国内においても評価されてきたものと確信しています。

また病院の安心、安全機能を水準以上に維持するために大分県で一般病院として最初に日本医療機能評価機構の認定を受け、2010年には3度目の更新認定を受けました。その後大分県においても認定にチャレンジする病院が続いており、多忙の中でも職員が切磋琢磨して、良質な医療を実践するために努力を怠らないシステムができあがりつつあります。
またロータリークラブの「職業を通じて社会に奉仕する」精神を実行すべく、大分県中津圏域地域リハビリテーション広域支援センターとして公民館や中津市の行事、転倒予防教室などに年数十回も派遣していることは地域社会に少しでもお役に立ちたいという理念からであります。

また九州地域におけるダイバーの研修や、毎月行われている院内健康教室は、私たちの専門技術や知識が地域社会の人々の健康維持に少しでもお役に立てればという思いで継続しております。
地域の文化や歴史を研究し、町の活性化に貢献するために大江医家史料館の薬草栽培を行ったり、中津医学史、蘭学史を勉強する「マンダラゲの会」を継続して主催してきました。寺町とうろう祭りや中津城灯篭祭りへの参加は職員たちのボランティア精神を高揚させ、いたるところの地域の活性化運動に参加する職員もでてきました。
地域連携を推進するために行ってきた医師会活動や大分県病院協会の活動は「大腿骨頚部骨折連携パス」や毎年2,000人を超える参加者が見られる病院学会にも成果が見られるようになってきました。

地域における医療水準の向上のために行われている「二豊整形外科フォーラム」「二豊リウマチフォーラム」「中津整形外科フォーラム」は2ヶ月に1回、日本のトップレベルの教授や医師を招いての勉強会であり、当院のみならず、他の医療機関の医師や職員の研修に役立っているものと考えています。
院内においても、感染症、リスクマネジメント、TQM、BSCなど様々な研修や活動が継続的に行われており、院内の活性化、接遇の向上、技術の向上に役立っているものと考えております。

3年間に及んだ新クリニック、新病院の建設、玄真堂介護ケアセンターの増改築もようやく2014年3月31日で終了します。最新式の完全無菌手術室、マルチCTスキャン等、ハイテク技術の採用のみならず、太陽光、太陽熱、地下熱、天然ガスと、エコロジーも徹底採用して省エネルギーに努めています。外傷外科、骨関節感染症のみならず、手の外科、肩の外科、関節リウマチ、脊椎外科、人工関節、膝関節外科、スポーツ医学、リハビリテーションと専門医も揃ってきました。また、高気圧酸素治療を併用した整形外科疾患の治療も行っており、大型の高圧タンクを2基備えております。2014年4月12日に竣工式を迎えられるのも、玄真堂に集まって来られた多くの患者さんや利用者の皆様のおかげであり、連携する医療機関や多くの有益なるアドバイスや人材を送って下さった方々、地域の皆様方、全国の友人達のおかげであり、改めて心より感謝を申し上げます。玄真堂を地域の社会資本として、無くてはならない地域の財産として残すために、活力ある後継者の育成、社会医療法人として法人組織の発展的改組を行い、次の40周年に向けて大きく前進いたしたいと思います。

皆の力を合わせて絶えざる改善を

  • その立場でなくてはならぬ人
  • 後から来る人を育てる
  • 前向きに考える
  • 感謝の心を忘れない
  • 心耳を澄ます時間を持つ
  • 志、夢を持つ
  • 与えられた場で全力を尽くす
  • 優れた古今の人物に学ぶ
  • 一念を持ち、持続させる
  • 自主性、主体性
  • 辛苦に耐える、霜に打たれた柿の味
  • 一隅を照らす、一隅に輝く
  • 心身を鍛錬する
  • 苦楽吉祥

以上の心得を職員一同肝に銘じて、職業を通じて社会に奉仕する玄真堂は40周年に向けて羽ばたいてゆきたいと思います。皆様の今後とも変わらぬご教導とご支援をお願い申し上げます。


水滴は岩をも穿つ(高野長英)

【水滴は岩をも穿つ】モニュメント